手汗を止める薬

手汗に悩む人必見!手汗を止める薬

手汗に悩む人必見!手汗を止める薬

物心ついた頃には、手に水たまりができるほど手汗がひどくて、ずっとコンプレックスだった・・・そんな人に一度試してみてほしいのが手汗を止める薬です。

 

最近はインターネットの普及によって、自分の悩みを解決する方法を簡単に見つけられるようになりました。今この記事を読んでくださっているあなたも、手汗の悩みを解決したくてここにたどり着かれたのではないでしょうか。しかし逆に、今の時代は情報があまりにも溢れすぎていて、どの方法が正しいのか、最もリスクやコストの低い方法はどれなのか探すのが難しくなっているとも言えます。本記事では、一番安全でコストもなるべくかからない方法をお伝えしていきます。手汗を止めたいけどよくわからないという方は参考になさってみて下さい。

 

まず、手汗はエクリン腺という汗腺から出てくるのですが、これは全身にあり、脇汗などのニオイが発生しやすい部分の汗腺とは異なっています。そのため、脇汗用の制汗剤を手に使っても全く効果は得られません。エクリン腺に直接働きかける成分を含んだ、手汗を止めるための専用の薬を使うのが最も効果的です。

 

薬と聞くとちょっと身構えてしまうかもしれませんが、医薬品に分類される、ハンドクリームのような商品で手汗を止めることが出来ます。容器のデザインも一見普通のハンドクリームにしか見えないものが多く、手汗の対策をしていることを人に知られる心配がありません。こういった手汗対策の商品はたくさん種類があるため、ランキングサイトなどで比較してみながら選ぶのがオススメです。
ひどい手汗を止める薬 おすすめランキング

 

こういった商品を使って手汗を止める以外にも、手術や注射などの方法も存在しています。手術は一度するだけで半永久的に手汗を止めることができるため、一見魅力的にうつりますが、実は大きな副作用が高確率で起こります。代償性発汗といい、手汗として出るはずだった汗が、全身の他の部位から大量に吹き出すというものです。どこから発汗するようになるかは個人差があり、頭や胸、背中、お腹、太ももなど、本当に全身にわたります。寒い冬にラーメンを食べただけで上半身びしょびしょという状態になる人もいます。そのため、手汗よりもよほど目立つようになってしまい、手術を後悔している人は少なくありません。手術は最後の手段と思い、よく考えてから踏み切るほうがいいでしょう。

 

注射は手のひら全体に何本もの注射を打つという方法です。安全性が高く効果も確実ですが、かなりのコストがかかります。しかも数ヶ月おきに打ち続けなければならないため、年間で考えると莫大なお金がかかってしまいます。経済的に余裕のある人にはおすすめできますが、なかなか普通の人には難しいと言えます。

 

どんな方法を選ぼうか迷ったら、最初は手汗を止める薬から試してみて下さい。大きな副作用もなく、体質に合えば大きな効果を得られます。自分にあった商品を見つけてみて下さい。


ホーム RSS購読 サイトマップ